2008年08月16日

将棋まつり:ファンどっと駆け付け−−長野 /長野

長野市のながの東急百貨店で15日、第36回ながの東急将棋まつり(日本将棋連盟など主催)が始まった。羽生善治永世名人や谷川浩司九段らプロ棋士24人が参加。プロ棋士の特選対局、ファン参加の競技会などがあり、県内外の将棋ファン約500人が駆け付けた。17日まで。入場無料。...続きを読む
posted by hiro at 13:48| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋:防府天満宮杯名人戦 奮って参加を−−9月14日 /山口

第29回防府天満宮杯将棋名人戦(日本将棋連盟防府支部主催、防府天満宮、毎日新聞社後援)が9月14日午前10時から防府天満宮参集殿で開かれる。...続きを読む
posted by hiro at 13:47| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

将棋:目指せ、羽生永世名人 大田原の中1・羽川岳君、「奨励会」に入会 /栃木

将棋のプロ棋士を目指している大田原市新富町の市立若草中1年、羽川岳君(13)が、日本将棋連盟のプロ棋士養成組織「奨励会」の入会資格試験を突破し、プロ棋士への本格的なスタートラインに立った。...続きを読む
posted by hiro at 11:53| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋:直弼杯大会 「ひこにゃん」が特別審判長−−16日から /滋賀

彦根市で開催中の「井伊直弼と開国150年祭」の関連事業として16、17の両日、同市中央町の彦根商工会議所などで「直弼杯将棋大会」(150年祭実行委、日本将棋連盟県支部連合会、同彦根支部主催・運営、毎日新聞社など協賛)が開かれる...続きを読む
posted by hiro at 11:52| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青豊高女子団体3位・・・全国高校将棋大会

 豊前市の青豊高将棋部の3年生3人が、前橋市で行われた全国高校総合文化祭群馬大会の将棋部門(全国高校将棋選手権大会)で女子団体3位に輝いた。...続きを読む
posted by hiro at 11:51| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京急将棋まつり開幕/羽生名人登場で沸き返るファン

夏恒例の「第十回京急将棋まつり」が十四日、横浜・上大岡の京急百貨店で開幕した。初日には、六月に名人位を奪取したばかりの羽生善治名人が登場、会場は例年以上のファンであふれた。...続きを読む
posted by hiro at 11:49| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

将棋:中原十六世名人が入院

 日本将棋連盟は13日、中原誠十六世名人(60)が緊急入院し、脳出血と診断されたと発表した。意識は正常で、快方に向かっているという。...続きを読む
posted by hiro at 10:39| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

王将に大川四段返り咲く バウルー将棋王将戦大会

【バウルー発】バウルー将棋愛好会(梶原四男美会長)は、バウルー日伯文化協会後援で七月十三日、同文協会館で第二十七回将棋王将戦大会を非日系棋士二人、少年棋士四人を含む二十二棋士の出場と、八十人余りの将棋ファンの観戦者を得て行なった。

 ...続きを読む
posted by hiro at 10:13| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

羽生四冠と多面指し 糸島地区小中学生将棋大会 県内外から130人参加

 将棋の羽生善治四冠(名人、王座、王将、棋聖)が10日、前原市の前原中央公民館で開かれた第12回糸島地区小中学生将棋大会(大会実行委員会主催、西日本新聞社など後援)にゲスト参加。島朗九段らも駆けつけ、多面指しやサイン会を通して、県内外から集まった約130人の小中学生と交流した。...続きを読む
posted by hiro at 10:00| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

羽生四冠 将棋を語る 糸島地区小中学生大会 県内外の200人聞く

将棋の羽生善治四冠が9日、前原市前原東2丁目の人権センターで、「将棋の魅力・夢とロマン」と題して講演した。第12回糸島地区小中学生将棋大会(同実行委員会主催、西日本新聞社など後援)のプログラムの一環で、超一流の棋士の集中力や人間性に触れようと、県内外から約200人が駆けつけた。

 羽生四冠は、37歳の若さで通算タイトル獲得数が歴代2位。現在、名人、棋聖、王将、王座の4タイトルを持つ。講演では、将棋を始めたときの思い出や、年齢に応じて将棋のスタイルが変わったことなどを話し、質問に答えた。

 >>続きを読む
posted by hiro at 17:18| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。